● 映画「トランスフォーマー最後の騎士王」を観てきました。

● なんというか、いつものマイケル・ベイ。十分楽しめたのですけど、やっぱり、マイケルベイ。見どころのあるカッコいいカットや、シーンは続々出てきて、ボリューム的には過去最高か?!ってレベルなんですけど、その間を埋める道筋がスッキリしないので、「いま、何が目的なのか?」が不明瞭なまま、突き進んで行く感じ。クライマックスに至るまで、だから、なんでそんなことになってんだよ?という疑問がいくつも湧き上がってくるんです。キングギドラ見たいのが出てきたけど、あいつの存在もよくわかんなかったな。それと、マーク・ウォルバーグはやさぐれて、前作の感じとまた変わってた。あの人、印象が映画によって全然ちがう。最初、別のキャラかと思った。いつも以上に人間キャラ描写が多めなんだけど、肝心のサイバトロンたちの掛け合いが少なめ。グリムロックたちは決戦時に何をしてたのか?しかし、物語上、オプティマスがいないと、こうなるよなあ・・・。そこは不満点でしたね。

● まあ、「そんなこたあ、どうでもいいか」と思えるお話ではあるんですけど。いつも以上に、絵作りはコテコテでテンション高い。その反面、いつも以上に意味不明瞭(’∀`)。中盤に、お話をまとめる下りが長めに続くんですけど、そこがやたらと退屈。バランスの悪さは天下一品です。ロマンチック要素は「あるっちゃある」程度の、ほんの気持ち程度。なので、男子が夏休みらしく能天気に楽しむにはオススメだけど、デートに彼女とか誘っちゃダメなタイプの映画ですよ。彼氏、気をつけてね!(隣席がカップルだったけど、煮え切らなかった様子。一方、反対隣席の父息子の親子コンビは満喫してたっぽいよ)

● さあ!日曜日はいよいよ「スパイダーマン」行くよ!

● 昼に、気になってた「中本」(正直、蒙古タンメンは辛すぎて美味しいと思ったことがない外野ユーザー)にキワモノコラボの「冷しプリズマ⭐︎ラーメン」食べに行きました(「プリズマ⭐︎イリヤ」の何たるかは、まるでわかってない。fateのスピンオフね、くらいの知識しかない)。店頭にもポスターも、メニュー表記もないんで、やってなかったらどうしようか心配になったけど、店内に入ったら貼ってありました。コラボの割には控えめアピール。ま、そういう店じゃないからね、中本(正午の時点で着席8人待ち)。

● で、やってきたのはこんな感じ。どっさりの粉チーズが九十九ラーメンを思い出すけど、ちゃんと、例の麻婆と、辛い肉は入ってる。普段の「蒙古タンメン」が辛すぎてしんどいオレは、果たして大丈夫なのか?

● 食べてみたら、結構大丈夫。辛さをチーズが打ち消してくれているのか?それとも、冷やし(というより、ぬすい、レベル)が功を奏したか、通常の蒙古タンメンよりかなりからさは感じない。カップラーメンの辛ラーメンの方が辛いかも?くらいのマイルドさで安心しました。おかげで無事完食。よかった!キワモノ食べた満足感もあったのでよかったなあ。(食後数分でお腹がぐるぐる言い出したし、15分くらいすぎてから、じわーっと汗が出始めました。カプサイシンの魔力!)ちなみに、このメニュー頼んでる人、他に誰もいないよ。新宿店じゃオレが第一号なんじゃないの?

● テレビで「HiGH&LOW THE RED RAIN」やってるけど、鬼邪高の村山が出ないのでストレスがたまり、新作への期待がぐんぐん上がっていってます。とはいえ、今度の予告編で一番いいのは、ホワイトラスカルズのROCKYによる、変なイントネーションの「うるせ↗︎え、ばか↓」だろうなあ。あそこで、期待がうなぎ登るよなあ。

● 今夜は燃えないゴミを出す。キャスト缶、シリコン缶、スプレー缶。たまりまくったものを捨てて、部屋をスッキリさせよう。