● 今日、本屋に行ったら、タツミムックの「声優特撮の時間」発見しました。もう売ってるんですね!ついこの前、入稿したばっかりだと思ったら!!浅沼晋太郎さん、檜山修之さんのインタビューページを担当しましたが、お二人、理由はそれぞれですが、共に特撮は筋金入りでした。檜山さんは、ウルトラマンキング話に「特撮怪人キャラ」のそうそうたる履歴話。浅沼さんは、声優デビュー前の意外な特撮ヒーローとの深いかかわり合いなど楽しんでもらえれば!と思います。書店に並んでるのを見かけたら、ぜひ手に取ってもらえれば。しかし執筆陣は知った顔ばっかりじゃないか(それだけに、保証付です)!!

● あと、今書店に並んでるムックでいえば「ウルトラセブン超解析 銀河ヒーロー大集結!」もついでによろしくおねがいします。

「超合金魂FA」ってなにかと思ったら「フルアクション」なのか!なるほど、今風(かっこいい時の作画版?)アレンジのプロポーションで、可動を優先したバリエーションてことですね。「やまと」が昔つくってた「群雄」がまさしくこのコンセプトだったっと思い出しました。バンダイは何でも「いただき」だけど、結果として出て来る商品の出来が良いからなあ。他メーカーはイライラしてるんだろうけども。ガチャーネンのコンセプト丸っといただきのガシャプラ装甲騎兵ボトムズとか・・・。

● あと、メガハウスでスタートするというシリーズ“Ultlmate Artlcle”のキカイダー。記事中には「超リアルな造形とギミックを融合」とか書いてあるけど問題は、サイズがどういうものなのかさっぱりわからない事だ!

● 先日のオタク大賞マンスリーで四海鏡さんが紹介していたアシモフの「銀河帝国興亡史」のコミカライズ版、アマゾンで一気に購入しました。たしかに、原作小説よりはライトだけども読みやすいし、それでいてSFマインドは損なわれていないのが良いです。ドリヤス工場さんの「必修すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む」じゃないけど、サクっと「名作(今や古典)」にアクセス出来る、というのはハードルの高いSFに関しては実にアリ!とおもいました。出版社がサイドランチという小さな出版社(編集プロ?)ということもあって、あまり書店で見かけないので、Amazonで買っちゃうのが正しいですね。

● あああー!!表面処理の作業中に原型のパーツ無くした!!そんなに小さなもんじゃないのに、どこかに飛んだんだけど、音もしない!!どこいった?探してもまったく見つからないんだけど、まだ、表面処理が手つかずだっただけに、もう一回、作り直した方が早いかも知れない・・・。嫌な汗が出てきた(部屋は寒いんだけども)。

 

いいい