● ワンフェスの複製作業真っ最中です!!ところが、どうしても、複製に失敗するパーツがある!!おそらく配置ミスによるところが大きい!じたばたするより、型を作り直す方が良いかも知れない。ここに来て大ピンチだ。一部のパーツのみは前日搬入に手持ちで出動だなあ、こりゃあ。

● 講談社の新プロジェクト「コミックDAYS」というのが発表になりました。月額720円で、「ヤングマガジン」「モーニング」「イブニング」「Kiss」「BE・LOVE」が読み放題。これが、Webサイトとアプリでサービスされるという話。ちょっとすごいのは、過去作品もポイントを使って1話単位での購入も可能。さらに、コミックを購入する時には、すでに購入済みの話数分の値引きあり。差額で変えちゃうという仕組みまであるんだそうです。プレ公開は明日、2/15から。3月1日からアプリ版をふくめての本格スタートとのこと。(詳しくはリンク先の公式マンガがわかりやすい)この仕組み、現状の「雑誌」の将来を担う正攻法の一つだと思うんだけど、出版社はなかなか仕組みが作れなかったんですよね(だから、間に入ったサービス業者が、ちょこちょこやってるけど、今ひとつ。認知度が低いのが現状)。まずは、上記にあげた雑誌まとめて呉越同舟のシステムで、かなり「ざっくりした」印象しかないのですが、将来的にはこれ「雑誌」単位でやれるようにならないと、とは思います。雑誌って、この先「サークル」「コミュニティ」として生き残ってくのが良いんじゃないかな?と思うからです。ともかく、これが軌道に乗せられれば、雑誌業界、変わると多いますね。まあ、小学生メインターゲットの少年誌はキビシイだろうけどもなあ(読者層が気軽にアプリ使える環境にない)。

● テキストサイト全盛の時代、バーチャルネットアイドルとして「毒のある」テキストサイトで人気になった「ちゆ12歳」が、バーチャルユーチューバーとしてデビューしたんだそうです。で、試しに観て驚いたんですけど、なんか「侘しさ」みたいなものしかかんじない凡庸な動画になってました。3DCGキャラで作られたバーチャルユーチューバーが活躍する時代に、2Dキャラと言うのもいかにも安い。最大の問題は音声合成システムですね。一気に興醒める。テキストで認識していたときよりも、明らかに「キャラ」としての要素が薄まっちゃってるんです。内容がどうとかまるで関係ないですよ。バーチャルユーチューバーのおもしろさって、リアルなユーチューバー同様、やっぱり人格が見えてくる面白さだと思うんです。音声合成ソフトを使うと、それはキャラクターではなく単なる「テキストの読み上げ」なんです。そこには人格なんか宿らない。と、言うようなことがはっきりしました。

● 先日中古で購入した映画「アルマゲドン」のビークルの写真を載せてせておきます!これ、「ホットウィール」のミニカーなんですけど、似てないんですよ、劇中のやつと(’∀`)。でも、珍しいアイテムだし、「ジオストーム」おもしろかった記念ということでいいんじゃないか、こんなもんで、と言う気分ではあります。クレーンで吊り下げてるのは、もちろんニュークリアボム!物騒極まりない!!

● ブリスターパックの中には、ブルースウィリスと、変な岩(バネでパカーンと開くはずが、噛み合わせが悪くてあきっぱなしです、何やってんだ!!マテル!)

● 今週は色々ピンチになっているので今夜はこの辺で。