● MRI検査を終えてから、税務署まで確定申告の書類を出しに。久しぶりに一人で中野に出てきたので、駅前の立ち食いそば「かさい」で「アジ天そば」いただきました。この店は、前にも「水曜日のコロッケそば」でも書いたんですが、そばは太めの手打ち風田舎そばなので、好みでは何ですけども、肉厚のアジを使った「アジ天」が、とにかく美味しいのです。そばの薬味としては珍しい、おろし生姜も甘めの汁になかなかマッチして、これはこれで!なんですよ!

● 重荷だったふたつの件が午前中で終わったので安心して、そこからの「シェイプ・オブ・ウォーター」

● モンスター映画のふりをしているけれど、ベネチア映画祭では金獅子賞!!アカデミー賞に最多部門でノミネートされてる恋愛映画、というのがもっぱらの評判。どんなことになってるのか、興味津々だったのです。

● 出演者はドリームの人と、ゾッド将軍と、ギャレゴジの上院議員と、ヘルボーイのエイプと知ってる顔ばかり。主役はパディントンの奥様だ!なるほど、予想していたよりもだいぶモンスター映画色は薄め。一般層にも充分アピールできる恋愛映画という前情報に間違いはなかったです。70年代を想起させる事象がいくつも出てくるので、レトロムードこそただようものの、幻想的な「パンズ・ラビリンス」とは明らかに違う。むしろ、語り部(おそらく、デル・トロ監督本人を反映したキャラクター)を設定したあたりに、奇妙なドキュメンタリーのような「冷静な目線」を感じます。そのあたりが一般性を獲得できたことにつながっているのかもしれません。当然ながら「ブレイド2」や「パシフィック・リム」ともまるで違うし、デル・トロ監督の幅の広さ、つまりは「趣味の世界の人」と思われがちだけど、実際は作品によってタッチを自在にコントロール出来る「技術の人」だということを改めて認識しました。しかも、トライアルという趣ではなく、堂に入っている。凄い。こういうのが撮れるなら、さらに幅広いモチーフの仕事も回ってきそうですし、さらなる飛躍もあるでしょうね。

● 感心して劇場から出てきてスマホを覗いたら、アカデミー書作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞の四冠!とのニュース。おめでとう、デル・トロ監督!!(写真は、今日新宿TOHOで見つけた監督のサイン)。

● これから、アカデミー賞効果でさらに観客動員出来そうだし、さらなるヒット作品になることを期待しますよ!それで、デル・トロが思ったように自由に映画が撮れるようになることをお祈りします!

● 今回の半魚人役の、ダグジョーンズは、クリーチャー系を演じることが多い役者で、最近最終回を観た「スタートレック:ディスカバリー」でここ数ヶ月おなじみ感あった俳優なので、晴れ舞台に上がってくれるのはなんだか嬉しい気がしました。ディスカバリーも、基本陰気で、殺伐としたスターtレックだったけど、最終回はすかっと終わってくれて、まずまずでしたよ!

● あと、「シェイプ・オブ・ウォーター」のストーリー骨格は、かなりアニメ「グラビティフォールズ」の「プール脱出大作戦」なので、未見の人は、Amazonでも配信してるので(時期によって無料、今は当該話は有料)そっちも観るといいですね。というか「グラビティフォールズ」は大傑作なので全話観た方がいいんですけど。

● さて、家に帰って、明日昼締め切りのゲラチェックをやろうかな?と思っていたところに電話。「あのゲラどうなってますか?」・・・確認したら、締切は昨日の昼だった!!火曜と日曜を間違えてメモってたため、なんと2日の締め切り破り!!ほんと、すみません!!急いで帰宅してバタバタとやりました。ご迷惑おかけしました!

● 食後のデザートには、彼女がかってきてくれた「サンフルーツ」の「三種のいちごゼリー」。あまおう、とちおとめ、初恋の香りの三種が入ったゼリーが、さっぱりして美味しい!「これ、いいね!ババロアもキット美味しいよ」と思ったけど、新宿pepeへの出店は本日が最終日だったみたい。ああ、もともとはミッドタウンなんかに出店してるお店なのかあ。確かに、見た目もいいもんなあ。

● 明日は昼から打ち合わせで外出予定。晴れますように。