『パシフィック・リム/アップライジング』観てきました。もうちょっと落ち着いたらでもいいやと思ってたんですが、今日は東宝シネマデーで1100円だったからです。

● まだ公開して間もないのでざっくりとした感想にとどめますが、ストーリーはかなりテキトーで、行き当たりばったりな展開なんだけど、まあ絵には勢いがあるので飽きずに見れちゃうという感じ。楽しいアトラクションムービーです。心配していた「昼間のKAIJU対イェーガー」の予告編段階でのショボさ、本編では格段に良くなってました。でも、質感とかに関してはやっぱり欲がでますね、もうちょっと!!って。

● でも、こんなにロボ戦ばっかりの内容で喜ぶのはクソガキだけだろうなあ。これじゃ、日本で大ヒット!みたいな興行成績は望めないだろうと感じました。個人的には「その潔さや良し!」だけども(’∀`)。怪獣映画っぽかった前作に比べて、今回はロボットアニメ的な要素が強め(制作が東宝から東映に移ったみたいだ)。あまりに日本びいきなディティールに驚いたというよりも笑っちゃった。ここまで日本にサービスして良いの?ってくらい。もちろん、商売として中国へのアピールも忘れておらず、「キングコング髑髏島の巨神」で「お前はなんでいるの?」な探検隊の中国美女、今回はさらに目立った役で出てきました!

● オモチャに関してはバンダイが引き受けていて、プラモ、ソフビなんかを発売してるんですが(自分が関心あるのはKAIJUだけど)、なんで一般販売が「ライジン」だけ?かっこいい「シュライクソーン」「ハクジャ」はプレバンだよ。しかも、ソフビのせいか、前作のNECAの怪獣達に比べると、かなりチープな仕上がり(値段はあまり変わらないのに)。前作くらいのクオリティでほしいなあ。海外ではダイヤモンドセレクトがイェーガーのフィギュアを発表してたから、権利的にNECAの参入はないのかなあ・・・。NECAのKAIJYUw強く望みます!!(せめて、出しそびれてしまった、オニババを!!)

● バンダイと言えば、これもびっくりした。新しいミレニアムファルコンのプラモ。ある種のネタバレのような気もしないでもないけど、「ハンソロ」に登場する例の形状が違う初期型ミレニアムファルコンって、こんな小型艇が分離するとは!!以前の設定だと、あの凹みは「貨物船」らしく「コンテナをロックするためのもの」では無かったのか?スターウォーズ界隈は、今日も荒れ模様なのか?

● よくもまあ、毎日のようにキワモノばかり食べてるなあ、と思われがちですが、怪しげなものを食べてみるというのは、イベントのひとつだし、どうやら知人間では「オレの役目」になってるっぽいし、後学のために食べておかねば、と言うなんだか使命感のようなものもあり・・・しかし「カレーパンサンド」なあ・・・

● 袋を開けて見ると、本当にカレーパンがサンドしてある。当たり前だけど。

● 確かに、パン成分が2倍なので「食べごたえ」はあるかもしれないけども。実際、カレーパンをはさむ食パンにはからしマヨが塗ってあって、カレーパンとはひと味違った美味しさがあるのは認める。あと、心なしかカレーパン単独で食べるときよりは、脂分が少なめに感じるので、カレーパンにある独特の胸焼け感もない。トータルして、味わいとしては悪くないと思う。でも!!でもだよ?これは「炒飯かけごはん」とか、「焼きそばのせラーメン」のようなものなんじゃないか?・・・待てよ?「焼きそばのせラーメン」は、イケるかもしれないぞ?と・・・そんなことまで考えてしまう。いけない!これはいけない食べ物だ!!

● というわけで、焼きそば食べたくなったので今夜はマルちゃんの三袋入焼きそば(焼きそば界の帝王)を食べることにします。