● 日がな一日、PCに向かって地味な作業をしていましたので、体力的にはそこまで疲労してはいないんです。しかし、気持ち的にはどんどん追い込まれている感じ。とても良くない!

「戦車道検定」ってなんだ?と思ったら、どうもファン向けの新しい商売っぽい。ファンサービスは悪い事じゃないけど、これ検定料が、戦車長クラス(初級)4,500円。隊長クラス(中級)5,600円。併願割引で9,000円割と高めでした。確かに試験の実施の運用とかは手間はかかるけども、これだけ取るなら、何らかのケアあるのかな。まあ、イベント参加費と思えば決して高額ってほどでもないかも。実際には、その試験会場でなにが行われるか?と言うのがまだ見えないからなんだけど。

● 暗礁に乗り上げたって言う「トレマーズ」TVシリーズ、予告編だけは作ってたんですね。初めて観た。こんなに面白そうなのに残念だ!!

● 観たといえば、Huluで見逃し配信中の「ルパン三世」PART5の問題作、「ルパン対天才金庫」を興味津々で観たんだけど、ちょっと前代未聞の「ひどい回」でした。ルパン3世というのは、そもそもナンセンスギャグの趣があったこと、PART2では下世話なギャグ回もだいぶ繰り広げてたこと、などは十分承知しているけど、その上で「これは酷い」と。とにかく繰り広げられるお笑い要素(これを、ギャグ、と言う人がいるけど、お笑い用語ではこれをギャグとはいわない)、全てが「過去に擦り切れるほど使われた笑いのパターン」の焼直し。さらに笑いに重要なタイミングのセンスが悪いので、その意味では「劣化」していると言ってもいい。だから、見ているとどんどん心が冷えて行く。これが「過去ルパンの全肯定」??「昭和のルパンはこうだった!」と喜んでいる人がいるのであれば、それは「ルパン3世」と言うアニメが「いかに低レベルの脚本だったか」と言うことの証言とも思えますよ。

● と、言うわけで作り手が徹底的に「笑い」に関してレベルが低いのか?それとも、「過去作品のルパンの笑いの質はこんなに低かった」と主張したいのか?ちょっとよくわからないんですが、少なくとも「悪ふざけ」にしては、技術が足りないなと感じました。「悪ふざけ」で人を笑わせるには技術がいると言うこと。作り手としては本当にそう思いました。(先月の日テレBSのユーチューバー番組の件と同様)。アニメも、お笑いも好きなのですが、これは「アニメファンは笑いをわかってない」と思われちゃう典型のような内容だったので、本当に悲しいなと思いました。

● Twitterで「セブンイレブンの冷凍餃子」が美味い、と話題になっていたので早速買ってきました。これ、5つ入りで128円?まあ、副食には程よいお値段です。これ「焼かず」にレンジで温めると言う仕様なんですね。

● このパッケージのままレンジで1分半温める、と書いてあるんです。穴とか開けなくて破裂しないの?と思ったら・・・。

● 温まると勝手に上面に穴が空くんですね。出来上がりはこんな感じです。最初から焼き目がついてるんですね。見栄えは悪くない。

● たべてみたら・・・なるほど、不味くない。けっこうおいしい。餡の味付けはなかなか光明だし、皮ももちもちしてるんですよ。でも、美味しさのレベルで言うと「冷凍食品の唐揚げ」くらいの美味しさ(’∀`)。いや、冷凍食品のから揚げはマズいだろ!という人には多分「まずい餃子」だと受け止められるに違いありません。そんな感じ。自分も今後、積極的に食べたいか?と言われたら微妙な感じではあります。ちなみに、結構、汁が出ちゃうのでトレイのままだと危険です。トライする方はお皿の準備はおわすれなく!