● 仕事終わりで『ブリグズビーベア』やっと観てきました。

● 先月のオタク大賞マンスリーで、宮さんが紹介してた変な映画。誘拐され、監禁されて仮の親に育てられた主人公は、親が作ったビデオ番組を「テレビ番組」だと信じて楽しんでいた、という出だし。ダークな内容なのかな?と思えば、そうでもなく、笑う箇所も多くコメディなのかなと思えば、妙なモヤモヤがつきまとう奇妙な映画でした。自主映画を作利始めるあたりからテンションは上がってくるものの、常につきまとうに薄暗い影。その後ろめたさと、相反するポジティブな意思とが、観ているうちに「あ、これ、わかる」って思えてくるんです。で、面白い映画だなあ・・・と思っていたらラスト30秒でガーンと衝撃を受けて大泣き。ちょっと声が出ちゃうくらい。なんで泣いちゃったかというと、もう、いろんなことですよ。悲しいとか、共感とか、嬉しいとか、どれとも違う。複雑すぎて言葉にできない。強いていうなら「救われた」かなあ。まるで宗教みたいだ。で、ネッシーマンガを毎日書いているあたり、自分も相当アレだよなあ、と思いながら劇場を後にしたのでした。

● シネマカリテではそろそろ終わっちゃいそうなのですが、池袋シネリーブル他、ミニシアター系で、これから始まるところもあるみたい。気になる方は是非。

● ご当地ラーメンとして割合有名な「キリンラーメン」が、全国展開にあたってあの「キリン」(ビールとか食品の)を起訴。現在では商標を取られちゃってることに関して揉めたんですが、ふっかけたキリンラーメン側が敗訴(歴史、実績は古いけど、5年くらい発売を停止していたり、30年にわたって商標登録していなかったという、様々な落ち度が発覚し)。結局、商品名を変えなきゃならなくなったというのが顛末のようです。で、新名称は「キリマル」ですって。見て見ぬ振りをしてくれていた大企業に対して、ちょっとイキリすぎちゃったということなのかな?パッケは相変わらずかわいいけど、ラーメン×キリンっていうシュールな感じはなくなっちゃったよなあ。

ギガジンって、本社は関西なんだなあとつくづく思う記事。記事自体は「ジンベエザメパン」という可愛いパンを食べましたよという内容なんですが、それがどこで売ってるかというと「海遊館」。( ゚Д゚ )?どこ?それはどこにあるの?って反応は当たり前だと思うんですよ。記事中も土地の名もなく、ただ「海遊館」としか書かれていないから。ジンベエザメといえば有名なのは美ら海だけど、ひょっとして沖縄?とか思っちゃう。これが関西人だとすぐわかるわけですね。大阪の天保山にあるわけですから。だから、記者も当然のように書いてるし、場所も書いてない。でも、こちとら「そんなスポット知らねえよ」なんですよ。ほんと、そういうところ忘れちゃダメだよね。

● インタビュー部分を担当させていただいた、イラストレーター、デザイナーのミズノシンヤさんの画集を、Hera Publishingさんが発売前に送っていただきました。嬉しい!!


● これまでネット上などで楽しめたデザイン、イラストなど山盛りで楽しめます。かっこよくて、可愛い。このタッチの流れは「マンガ映画」と「カートゥーン」のハイブリッドで生まれたものだと思うんですが、その辺りのヒントになるであろう、ミズノさんのルーツの話などもいろいろお伺いしています。装丁も、かっっこいいので、持ってて嬉しい一冊ですよ。ワンフェスで先行発売されたものなので、すでに手にされている方もいらっしゃることと思いますが、一般販売はもうちょい先。既刊の「出雲重機 IZMOJUKI / INDUSTRIAL DIVINITIES」もかっこいいのでおすすめですよ!