● 今日はお仕事で「仮面ライダージオウ」の制作記者発表と、それにまつわる取材に六本木まで行ってまいりました。

● 発表会の模様はなぜか「オリコン」のyoutubeチャンネルで視聴することができますね。

● こちらの取材は、この会見の後だったんですが、撮れ高は予定通り。さらには記者発表でジオウのお土産を頂いたので満足です。20周年ライダーということでお祭りモードになると思いますが、ザックリ言って「電王」と「ディケイド」の合体っていう感じもします。どんな新しい仮面ライダーになるのか、期待しましょう。

● 明日もジオウ取材。お盆前なので発注が立て込んでるみたいです。こちらにとってはありがたい状況ですけど。最近は結構、細かく働いてはいるんですけど、この不安定さをなんとか解決したいとこです。ちなみに、現在「平成仮面ライダー20作品記念公式サイト」では、「仮面ライダークウガ」から「鎧武」までの平成ライダーの第1話と第2話が無料配信されてますよ。

● 最近知ったんですけど、中国では「くまのプーさん」が全面的に禁止されてるんですね。最初は冗談かと思ったらそうでもないみたいで、理由はプーさんを習近平、国家主席に見立てる現象が起こったことが発端だそうで、プーさんは「政治的反抗の象徴」になっちゃったらしい。ええ?そんなに嫌なのか、プーさんに似てるって言われるの。難しい国だなあ。そんなわけで、実写映画「プーと大人になった僕」)の公開もNGなんだそうです。やっぱり、国の常識というやつには分厚い壁があるんだなあ。

● 実写ドラマ版「この世界の片隅に」、ちらほら評判を聞くけども、まだ一回も見ていないんですよ。で、そんな中、原作者のこうの史代さんがファンページの掲示板に投稿したという書き込みが、最高に気が利いていて評判になってました。「脚本の岡田さんがどう展開させたいかはわからないので、あんまり強くは言っていません。でも大丈夫…『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近いんじゃないかな!?」面白いコメントだなあ。本当に、ご本人なのか如何かはわからないんだけど。