● 正月も2日目になるといよいよやることもなくなってくるんですよ。昼間は親戚との話にも疲れ果てて、ひとりで近所の神社に初詣。なんだよ二日目ともなると人も少ないなあ。あ、感度下げて撮影したら、こんな風にザラザラになるんだ!。しかし、元旦よりも正月らしい写真だ!

● 天気もいいからお獅子の写真でも撮っておくか!

● そして、今年は実家のお向かいにあるビジネスホテルのwifiがダダ漏れになっていることを発見!電波泥棒で、ネット環境が一気に快適になったぞ!(’∀`)どうも、2階、3階、4階とバラバラの無線を飛ばしてるらしくパスなしでつなぎ放題になってる!

● で、恒例の実家プラモ、今年はHGUCのドム。ドムって、あの鏡餅みたいな頭とか、忍者みたいなヒートサーベルとか、どぎつい配色だとか、昔っからあんまり好きになれなかったんですが、ここ最近「レトロなロボ」としてなんだか見直せる感じになってきました。思えば、ガンダムプラモの創世記、1/144のプラモはほとんど作っちゃって、新作への飢餓感がある中でなぜか唐突に1/100でのみリリースされたドム。そんなに好きでもないのに、飢餓感だけで手をつけてしまったという懐かしい思い出があります(まだ、ガンプラ人気が盛り上がる前だったので「買えない!」っていう状況ではなかったんですね)。なんなら「似たようなフォルムの「リブギゴ」の方が好きでしたから!。その後「あんまり好きではない」故に、プラモの新キットを作ることもなく、今になってしまったので、思い入れも薄いのです。だから、自分にとっては懐かしいレトロロボ。それで、郷愁ついでに作りたくなってしまったのです。

● もう、だいぶ前にリリースされたキットだけど、なかなかいいプロポーションでぱち組の段階で、ほぼ不満なし。

● しかし、ドムっていつの間にか、手首周りにブロック状のディテールが追加されて、それが当たり前になってますけど、古い時代はあんなのなかったんですよね。ロボット魂のver.ANIMEなんて、偉そうにアニメバージョンをうたっておきながら、そこはMGやHGUC準拠。これって、実は自分も先日ドム好きの人から言われて改めて認識したんですけどね。

● 今夜はこれから高校時代の友人たちとファミレスの会です!明日は東京に戻ります!