● 今日は、浅草の模型塾で「オタク大賞マンスリー」を終えて帰宅。まだまだやることがあるで、いつもの次回打ち合わせにも参加せず引き上げてきました。しかし、今回の「直哉藤田のすべらない話」。藤田さん、本当にお疲れ様でした!!正直、ダダ滑ってたけど、藤田さんのサービス精神をビシビシ感じました!!みんなも「娯楽としての炎上――ポスト・トゥルース時代のミステリ」を読もうな!!(あと、宮さんが紹介してた真鍋博の画集「真鍋博の鳥の眼」もね)

● 朝からからの仕事は、珍しく都立大学。せっかくなので、昼に目新しいものをたべようと散策。結果、線路の高架下にあるラーメン屋「あの小宮」という店に入りました。「あの小宮」というくらいだから、オレの世代だと「コント赤信号の小宮かな」くらいしか思いつかないんですけども、多分違うんでしょうね。入店前にグーグルのレビューで見てみたら「驚くほど覇気がない」「味に個性がない」「コクがない」「旨味が足りない」など、散々。とはいえ、店構えはそこまで悪くなかったので入ってみたんですよ。頼んだのはしょうゆ味のスタンダードな「中華そば」。

● 結果、正解でした。個人的には好みのタイプ。煮干し系あっさりしょうゆ味で、ほんのり柚子の香りがする、懐かしい梅ヶ丘の大勝軒タイプのスープでした。強いて言えば麺が凝りすぎ。小麦粉感の強いストレート麺で、ラーメンマニアにはウケそうだけど、せっかくのレトロな味わいにはアンバランス。これがこの店の個性だと思うので「好み」の問題なんですけど。

● しかし、このぐらいちゃんとしたスープに「コクがない」「個性がない」とネット世間が感じてしまうのは、やっぱり今の顧客の好みのメインが、主張の強い味濃いめに流されてしまっているということなんだと思います。確かに店員さんの声は小さかったけれど(「覇気がない」というよりは「大人しい」)、これも威勢のいいイマドキのラーメン屋ノリがベースになってるからなんでしょうね。

● 結論として「ネット上のラーメンのレビュー」と言うのはあんまりアテにならない!オレ結構好きだよ!と改めて思うと同時に、「流行らない」だろうな、とも思うんですよ。イマドキの世間(特に若者)を相手にするとしたら、この店は厳しいのかもしれないです。実際にこのあっさりした具だけでで800円だと、やっぱり客的には高い、って感じちゃいそうですしねえ。スープを真面目に作ってるが故の値段なんでしょうけども、そこも伝わりづらんですよ。結構、いいラーメンだと思ったんだけど、流行らないんじゃ淘汰されちゃいますよね、もったいない。

● あと、作りかけたメカコレのアンドロメダ。早く仕上げたい!小さいから塗り分けがしんどい。実際、ルーペ使わないと見えないんですよ。このサイズで、マスキングとか考えられなので艦底の塗り分けのみ使用。あとはフリーハンドで行きます。