● 『スパイダーマン:ファーフロムホーム』吹き替え版観てきました。

● 内容は二度目でも面白く、やっぱりこの作品は大好きだな、って思わされました。笑のポイントを細かくちりばめて、常に息抜きをさせながら進行させていくところがいいです。少年、スパイダーマンという、現行のコミックともちょっと違ったキャラクター性も、コミック以上に「スパイダーマンの魅力を抽出した」ものになっているあたり「このシリーズがあればコミック読まなくてもいいや」と思える傑作だと思います。吹き替えに関しても特に気になる事もなかったと思う(竹中フューリーは相変わらずだけどいい加減慣れた)んですけど、エンドロールにおおよそ場違いな「TK from凛として時雨」の一曲……。これは……雰囲気にまるで合ってなくて興ざめしちゃう。これ、本当に映画に合わせて書き下ろしたのか?と思うくらい合ってないんだけど……「書き下ろした」っていうなら、それはだいぶセンスがズレてんじゃないか?って思うけどなあ。さらに言えば、このコラボ、観客にも、映画にも、凛として時雨(レコード会社、所属事務所含む)側にも得になってないと思うんだけど……誰か得してる?これ。間でテキトーな事言って宣伝費捻出させた代理店?

● 映画帰りに、新宿のコメダ珈琲で昼食。生まれて初めて、この店の「カツパン」食べました。値段もそこそこする分、なるほどデカい。こりゃ、本格的な一食分ですね。

● カツの衣がサクサクなのは美味しいですね。ちゃんとラードで揚げてる味がするあたりは好印象。願わくば、冷凍食じゃなければもうちょっとちゃんとした「豚」の味がしたのにな。それだとチェーン店で出すのが不可能なのかな?

足利に、ロケ用のスポットとして渋谷スクランブル交差点(の再現)が作られるとのこと。グリーンバックさえあればなんとかなるってことか。それにしてもかなり広いオープンセット、予算もかかりそうだけど、確かに使い道は色々ありそうですね。いっそW杯とか、年越し、クリスマスはここに若者集まればいいのに。ダメか?

● 最近、ついに導入したワイヤレスヘッドホン。JBLのワイヤレスイヤホンを使ってたけど、充電時の使用時間があまりにも短いので、業を煮やしてヘッドホンに変えました。これだと満タンで20時間は使える(カタログスペック)なんで、マシになるかなあ。

● ヘッドホンは装着時の圧で耳が痛くなるので、オーバーイヤー(耳の周りを覆う)サイズにしましたが、これからの季節、暑そうではありますね。