● BIRDS OF PREYの予告編、やっときた!あらかた作り直しになっちゃった結果どうなっちゃったんだろうと思っていたけど……まあ、予想通りだった。これ、好みじゃない方向性……。バットマン出てこないからだな、きっと。

● 昨夜からTOKYOMXテレビで「仮面ライダー」が始まったそうですね(観てないけど)。「仮面ライダー」の姿を最初に見たのは、まだ放送が始まる前。たぶん「ぼくらマガジン」連載号の発売と近い時期だったんじゃないでしょうか?本屋さんのレコードコーナー(昔は地元の本屋さんでレコードも売ってたんだよ)に、2種類も並んでました!!一つは、特に目立つでもなく、石森章太郎の描いた地味な配色の怪しげな怪人(仮面ライダー)が全面にバーンと乗ってて、「お!新しい漫画か?」と思わせるようなデザイン。もう一つは、テレビ劇中のライダーの勇姿をメインに陰気な感じの石森キャラが配置されたデザイン。「え?これはドラマ?それとも漫画?」という戸惑いはありましたが、なんだかグイグイ推してくるムードが「立派なまんがなんだな」という実感があったのも覚えています。

● 何しろ子供心に「暗い感じのヒーロー」カッコいい!っていうのは感じ取りました。後にマニア向け書籍などで言及される「子供向けにしてはグロテスク」みたいなことはみじんもなくて、とにかくオバQ路線の「ゆかい漫画」と違って、やっぱり年長さんともなれば「暗い感じの漫画」に興味が出てくるんですよ。当時好きだった「バンパイヤ」も「サイボーグ009」もそうだったし「ゆかい漫画」としてスタートした「ハレンチ学園」も気がつけば「暗い漫画」になってたし……。(くらい、明るいの印象には個人差があります)

● ねだってそのレコードを買ってもらい、放送前から聴きましたよ「レッツゴーライダーキック」。だから、テレビ番組がスタートするのが心待ちだったし、観たらむちゃくちゃかっこいい!!とにかく雰囲気がモダン。ウルトラの未来感に比べてぐっと身近だし、その他のヒーロー物(悪魔くんとかタイガーマスクとか含む)にあった、どぶ板とか、木造の家屋とか無縁だし、リアルで都会的な雰囲気が漂っていたところが良かったんです。現在見たら、そんなでもないんだけどねえ。そんなわけで放送初回からテンション上がりすぎで、とんでもないライダーブームに一番乗りの雰囲気で突入して行ったのです。三つ子の魂百まで!そんなわけで今も、旧1号の姿を見ると幼稚園魂がむくむくと蘇るのです。そんなわけで、自分の最高の仮面ライダーは、あの特写でおなじみのサイクロンにまたがった旧1号のマスクと、クラッシャーが四角くなる前の石森バージョンです!

● 新宿サブナードの福家書店のコミックコーナーが閉店して、何ができるんだろうと思ったら先月、「おしゃれ系ラーメン屋」がオープンしました。おしゃれ系かあ……。AFURIの新店舗で、辛いラーメンの店「辛紅(からくれない)」っていうそうです。名探偵コナンかよ?とも思ったし、そこまでAFURIに思い入れなかったんですが、これも試しと今日のランチに入って見ました。メニューはお高めでいずれも900円オーバー。頼んだのはベーシックな「辛紅らーめん」の4辛。

● 実にフォトジェニック。こういう見せ方に関してはさすが「うまいな」と思います。味の方も、実に複雑。ラー油だけでなく、ネギ、ミョウガ、たぶんスプラウトなど香味野菜の風味が強く、ユニークかつ個性的。まずいとは思わないけど、特別好きな味ってわけでもなく、「ラーメン」の枠からははみ出たスープだなと感じました。ひょっとして、訪日外国人(新しもの好きの中国人)には受けるのかな?場所柄、そこを狙った?特別好みでもないし、ちょっとお値段お高めなので二度目はないと思いながら、印象に残るラーメンでした。ちなみに中本よりはだいぶマシでしたが、4辛でも、自分はむせるレベル。

● めっちゃ興味あるけど、問題多く、なんだか封印ムードの中国産アプリ「Zao」。映画やテレビ番組の俳優の顔をユーザー本人の顔に差し替えて、フェイク動画(ディープフェイク)を作成してしまうという「本当かよ?」と思うようなiPhoneアプリなんだそうです。アメリカのニュースでも取り上げられたそうなんですが、ちょっとすごいですよね?

● 確かに、既存映像に写真をかぶせて全く別人の発言に置き換えてしまうことが可能なら、ジャーナリズムの世界とか崩壊すると思いますよ。すでに、アダルトビデオに人気タレントの顔を貼り付けたディープフェイクAVまで出回っちゃってるみたいだし、facebookやGoogleは、ディープフェイク動画を検知するプロジェクトを始動させているみたいだし。ネット上の情報が怪しいってだけでも混乱してるのに、動画、画像の信頼性が崩れたらどうなっちゃうんだ?