● 今日もはりこ職人だったので忙しかった!いいのかこんなことで!!おかげでお楽しみの「マンダロリアン」もまだ観てない!

● え?「バーズオブプレイ」面白いの?ロッテントマトで信じられないような評価がついてる!!満足度90%超え?そうかー、面白いのかー。あの予告編見て「これはダメだ!!」って確信してしまったオレの見る目がないってことかあ。それならそうと早く言ってくださいよ!どちらにせよ、観に行くので面白いなら嬉しい!「スーサイドスクワッド 」が全てにおいて中途半端でがっかりしてしまったので、決定版のハーレイになることを望む!!

● ただ、ロッテントマトってそこそこアテになって、たまにアテにならない。やっぱり「大勢の意見」だからね。「評価が高いもの」は、最低限の保険がかかってると考えていいと感じているんですけど、「評価が低いもの」については「ええ?こんなに面白いのに?」って思うことが多々あるんですよ。例えば、「Godzilla: King of the Monsters」は42%だし、オタク大賞の宮さんも、ガイ山さんも褒めてるし、オレも大好きな「エンド・オブ・ホワイトハウス(原題:Olympus Has Fallen」とか49%だしさ!「エンド・オブ・キングダム(原題:London Has Fallen」なんか27%だよ!どちらもお約束みたいに悪役がRPG発射するし、その度に必ず主人公が「RPGだ!!」って叫ぶし!あんなに「そこそこ面白い」のに!

● ああいうアクション映画って「そこそこ面白い」って大事なんですよ。観客は、そこに涙とか感動とか求めちゃうのかもしれないけど、「底が浅い」から観やすいし、その分アクションの見せ方なんか工夫もできる。「エンド・オブ・キングダム」のFPS的なビジュアルのドキドキ感とか、テンポの良さとか、重厚なドラマとか以上にエキサイティングな面があると思うんだけどな。AmazonプライムでもNetflixでも両作とも配信やってるし、第三弾の「エンド・オブ・ステイツ」もそろそろ配信になるだろうから、その前に観ておくといいと思いますよ。こちらもロッテントマトでも、北米の興行成績も散々だけどな!「前2作同様、粗末な設定・アイデアから生み出された。凡庸で、観客の記憶にまず残らないであろうアクション映画の三部作に相応しい完結作」だって!!そこがいいんじゃん!!

● 昨日の日記に載せ忘れたワンフェスの販売物、戦艦X。大きさ的には、メカコレよりもふた回り大きい感じかなあ。艦首なんか、ほぼのノストロモ号のシャトルがモチーフだと思うんだけど、各部バランスが変わっちゃってるので印象が変わるんですよね。

● 何れにせよ、劇中であれだけフィーチャーされてるのに、ボトムズ関連の艦船のほとんどがそうであるように、その全貌のフォルムって覚えていない人が多いし、こうやって立体化されることも数少ないと思うんですよ。そんなわけで、いつもよりは多めに持ち込みますので、皆様買いに来てください!!(売れ残って持ち帰るのはほんと悲しい)

  <