● 今日、マンガ関連の仕事での打ち合わせがあって出かけてきました。資料として見せられた本を見て、なるほど!これ参考になるな、で、誰が書いてるんだろう?と思って奥付見たら友人で笑いました。参考にさせてもらおう!

● しかし、コロナの影響でテレワーク推奨とかなんとか言ってますけど、本当にそんなことができる会社ってどれだけあるんですかね。オンラインでミーティングってやってみたらほんと簡単なんですけど、実際にできる人(そういう知識と環境がある)ってそういないんじゃないですか?比較的年齢も低めで、メディア耐性のあるテレビ業界ですら、オンラインMTGだと「やり方知らないんで、実際に来てくれますか」だし。某IT企業も、社員にいざテレワークを勧めてみたら、10分の1くらいしかいなかったという……。つーかさあ、推奨している都議会の人たちってやったことあるのか?いつぞやの国会で「USB知ってますか?」みたいなやりとりがあったけど、あのレベルなんじゃねえの?

● この前見た映画「パラサイト」で気になってたことがあったんですよ。劇中で、あの奥さんが家政婦に作らせて食べていたジャージャーめん。字幕ではジャージャーめんなんですけど、作っているのはインスタントの袋麺のまぜそばみたいなやつなんですよ。それに国産牛の高級そうなステーキ肉を混ぜて作ってる!で、ネットで調べてみたら、わさわさ出てきました。そりゃあみんな気になるよねえ。

● 中でも、ツイッターの公式アカウントが一番分かり易かった。アレは韓国ではメジャーなインスタント麺2種、「チャパゲティ」という甘辛味噌のまぜそばみたいなやつと、「ノグリ」という辛ラーメンみたいなのをミックスして作る「チャパグリ」という料理なんだとか。韓国の流行りじゃあ、確かに字幕もあえて突っ込まずに「ジャージャーめん」とかで誤魔化そうとするかもなあ。と、そこまで知って、やっと高級ステーキ肉の意味がわかりました。アレか、2種の下層家族と、1種の富裕家族をひと皿に盛る、という暗喩なのか!!ポンジュノ、どんだけ暗喩が好きなんだよ!

● まあ、正体がわかったところで買い出してきました。最初カルディかな?と思ったら、あえなく「ドンキホーテ」で売ってましたよ。「チャパゲティ」と「ノグリ」。ドンキだとどちらも98円。

● で、2食分も作ったら絶対に食べられないから、麺をそれぞれ半分、スープ、調味料をそれぞれ半分入れて、とりあえず一人前を作ってしまおうというプラン。高級牛肉はないので、豚バラブロックをソテーして、その代わりとします。で、出来上がりがこれ。

● パラサイト版ジャージャーめん完成!黒い!!そして味がめっちゃ濃いし、辛ラーメン並みに辛い!!いかにも韓国のインスタント麺って感じですね。混ぜなかったらどんな感じなのか?味は甘辛で濃厚だし、辛いし、喉が乾いて胸焼けする、そういうやつです。「韓国ではおやつ代わりに」とかなんとか書いてあったけど、こんなものおやつに食べちゃいかん!!腹持ち良すぎるだろ!!まずくはなかったし、「ああ、こんな感じなのね」と納得したのでよしとします。2回めはないと思いますけども。