● 週末なのでおやすみ!ってわけにはいかないのが、フリーの厳しいところ。なんですけど、実際、仕事がないんだから休まざるを得ない。これは辛い!!とりあえず、明日は一見取材があるのでそのための準備を日中していました。あまりの寒さに、挙動のおかしい足元のセラミックヒーターを再起動!あまりに不穏な音がするから、もう今期で使い納めして来年冬に買い換えようと思っていたんですが……まだもう少しだけ酷使するか。いや、ほんと、今日は格別に怪しい起動音がしたんですよ。もう「使い納め」にしたいよ。

● あとは「マンナ」が食べたくなって買い物に!まさかの雪にたじろぎつつも中野界隈をブラついてヨーカドーで無事購入。今のマンナって箱入りじゃなくて、小袋が繋がってるタイプのパッケージなんですねえ、確かに赤ちゃんは一気ぐいするわけでもないのでこっちの方が便利なのかもしれない。赤ちゃん味で大満足。これがビスケットだよ!

● ついでに、中野のアーケードにできたトルコライスの店ジャンボにも行ってきた。スパゲティはナポリタンとは言い難い毒時の甘めの味付けのトマト味。カレーは意外にもインドカレーテイスト。トンカツは、ゴーゴーカレーくらいだ。値段相応に美味しいよ。満腹度半端ない。

● Kindleに杉作J太郎さんの『応答せよ、巨大ロボット、ジェノバ』が入っていたので、さあてどんなもんだったっけ?と再読。……いやあ、よくこの小説書いたもんだよ。色々と思うところあるし、言葉のチョイスが実に杉作さん。プロレス団体の倒産にまつわるゴタゴタが半分、あとはロボットアニメ(漠然としたエヴァンゲリオンのイメージ)への夢物語が半分。ここまであからさまに杉作さんの脳内を見せられたらそれはもう「ロマンだよねえ」としか形容しようがないんですよ。なんと言ってもあの「オレたちがマネしようとしても出来ない面白キャラ」の杉作さんがコレを書いたという事実が凄いんだよ。杉作さんを大好きな人はひょっとしたら泣いちゃうかもしれないよ。日々、Twitterでマウントの取り合いをしているような悲しい青春を送っているようなおじさん(おじさんにも青春はあるでしょ)は、コレ読んで杉作さんにごめんなさい!と謝ろうぜ!正直誰にでもオススメ出来る娯楽作ではないんだけど、中年のアニメ好きの青春の屈托がどストレートに書かれている衝撃作ですよ。君のジェノバは応答してくれるのか?!

● オレは杉作さんの大ファンです。ダイヤモンド寒薔薇。見はじめたら延々再生しちゃう「とろろ兄弟」(杉作J太郎+吉田豪)の動画でも貼っておくかー。

● なんか、美味しいチョレギサラダを食べたくて、奮発して普段なら絶対買わない「叙々苑のドレッシング」買ってみたんだけど、家で食べたらフツーだよね。なんでだろう?お店で食べたら美味しいのに。会社員(放送擦過の)時代によく行った代々木八幡の焼肉「バリバリ」。最近、最寄りでも見かけなくなったけど、あそこの「バリバリサラダ」も美味しかったんだよなあ。

● 明日は取材が1件あるだけで、あとは自由時間なのだ。自由も大概にしておかないと。