● 昨夜から始まった「あつまれ!どうぶつの森」を朝からダラダラやっていました。我が島の名前は「タタラ(多々良)島」!怪獣が出そうな島の名前ということで、彼女が「ゾルゲル島」にしたので、こちらも対抗して多々良島に決まりました。

● 始めたばかりだと、テントは狭くて物は溢れるわ、島の中を移動するにも一苦労だわ、オリジナルデザインの幅も狭いわけですが……それでも色々遊べています。任天堂のゲームは本当に「粋」だなあ。まずはねこ娘パーカとZATワンピース。とにかく、数日かけないと島に施設ができないし、やれることも広がらないので、ここは辛抱して島の発展のために虫を捕り、魚を釣って1日を終えました。

● 本屋さんの店頭で見つけて、パラパラめくったら面白そうだったのが「USムービー・ホットサンド ──2010年代アメリカ映画ガイド」っていう本。映画批評家と思いきや、ビジュアルにも凝っていてインフォグラフィックス敵なページ構成が楽しそうです。著者になっている「グッチーズ・フリースクール」っていうのは、よく知らなかったんですけど、日本未公開映画の紹介や上映会なんかを企画しているグループで、いかにも「映画好き!」って感じのサイトを運営しています。映画秘宝的な「ジャンル映画マニア」とはまた違った、優等生的なサブカルっぽさ。今日は、購入こそしなかったけど、こりゃ、本も読んでみるべきかなあ?

● 最近、ゲゲゲの鬼太郎ブームが来たのでマイㄘにちょこちょこ読んでいるんですが、急に藤子不二雄の「TP(タイムパトロール)ぼん」が読みたくなって、我が家の本の山を掘り起こして読み始めちゃいました。いやー、対象年齢を少々高めに取りつつ、青年向けまでいかない線の藤子漫画。個人的に大好きな「エスパー魔美」あたりと近い肌触りなんですけども、クオリティ高いわあ。未読の人、藤子F不二雄全集でも出ているので、おすすめです。2巻が見当たらない!!悔しい!!

● もう一つ、今日、面白いなあと思ったのは、これまでweb翻訳サービスといえば、Google翻訳の一強だったところに登場してきた「DeepL」という翻訳サービス。ニューラルネットワークアーキテクチャを使った翻訳の品質は、世界最高とも言われています。試しに使ってみたんですが、英文から日本語への翻訳も非常に巧みで、カタコトではなく、かなり日本語になっているところがすごいです。例えば、DCコミックスのサイト「ハーレイ・クイン」のキャラクター紹介文からの抜粋なですが、原文はこれ「The multiverse would be a much less lively place without the hijinks and shenanigans of the former Dr. Harleen Quinzel, the one and only Clown Princess of Crime.」。

●Googleだと「多元宇宙は、唯一の唯一のクラウンオブクライムプリンセスである元ハーリーンクインツェル博士のハイジンクとシェナンガンのない活気のない場所です。」……わかるようで、かなり怪しいですよね。

●これがDeepL翻訳だと「犯罪の道化姫ハーリーン・クインゼル博士がいなければ、多元宇宙は活気のない場所になっていたでしょう。」 Google翻訳でも怪しかった表現なんかも、かなりニュアンスが伝わる状態で翻訳されています。早速ブックマークしておくことにしました。ネット上の技術は日々進化しているんですよ!乗り遅れたら100日後に死ぬよ!

● 先日から作っていたコアファイターはこんな感じになりました。ほぼ組み上がった状態です。尾翼後部はエアブレーキ が展開します。ノズル周りはグロスブラックを噴いた上から、クレオスのネクストシルバーでコート。この金属感!!やっぱり、この塗料はすごいなと思います、粒子感ゼロだもん。ちょっとお高めのガイアカラーの新しいメッキシルバーも早く試してみたいなあ。実際、簡単塗装のコアファイター なのに、ここだけ手間をかけたのは、なんかパッとしたことがねえかなあ?という単なるストレス解消のためです。

● いや、10年経ってしまったからか、デカールが少々劣化しちゃってるのかな?水に浸しても離れが遅く、しかもちょっと引っ張るとちぎれる!!ただでさえ、めちゃ細かいのにストレスたまります。ストレス解消のために作っているんだから本末転倒。適当なところで満足したらフィニッシュにしたいですね。