● 今回はイデオンシリーズが怒濤の2点!ドグ・マックと、ギラン・ドウ。
  前回までのアオシマ風パッケージもそろそろ限界かなあと思い(飽きた、というのが正解)
  タミヤっぽい感じで白箱。
  でも、あんまり「ソレっぽく」は見えなかったみたい。
  物が物だし、それをやるにはこってりした油絵風でないといけないんだなあ、きっと。

●「伝説巨神イデオン」より新作の「ドグ・マック」にはスクーター(ホンダタクトっぽい)。
 「ギラン・ドウ」にはバイク(RZ250っぽい)がオマケで付属。
  旧アニメスケールへのオマージュのつもりだったんですが
 さすがに元ネタがわかる人はあまりいなかった(泣)原型は、どちら土門康平が担当。

●一方、相変わらず続けている西島大介シリーズ新作は、
  「ディエンビエンフー」よりフン(通称ベトナム犬)。
  ハンドメイドのぬいぐるみです。製作は前回のしっぽネコに続き、同居人takakoが担当。
●そして最後まで制作が難航したルルーシュ胸像こそが、筆者、くまキング作。何しろ巨大な鈍器!
  完売アイテムの中にあって全く売れなかった不遇の(しかるべき境遇とも言う)作品となりました。
 要するに、クマクマアリスは他メンバーが主役というコトになるわけです。ありがたや。

●一応、今回の販売促進用、というかお祭り騒ぎにかこつけて作った「クマクマアリスチョコ」も紹介!

●まあ、いろいろあったけど、これまたサイコーに楽しかった1日でした。また来るぜワンフェス!